伊庭研究室

伊庭研究室 / Iba Laboratory

東京大学情報理工学系研究科電子情報学専攻

伊庭研究室では

 アリ塚は、アリのコロニーが一定サイズに
達したときにのみ出現する。

「進化」「知能の創発」をキーワードにした計算やシステムについて研究しています。

これらの謎に迫っていくと、生物が進化の過程で、ある種の最適化問題を解いていることが分かります。こうした生物の進化のメカニズムをまねてデータの構造を変形、合成、選択する工学的な手法が「進化論的手法」です。目的は、効果的な計算システムを実現させることにあります。この手法は、最適化問題の解法をはじめ、人工知能の学習や推論、プログラムの自動合成などに広く応用され、「自然に学ぶ問題解決(Problem Solving from Nature)」を目指します。
 伊庭研究室ではこの進化型計算手法に関して、以下の理論と応用についての研究を行っています。

またこれらの技術を応用して、二足歩行ロボットのモーションやドローンの移動経路の自動生成、音楽の自動作曲などの研究も行っています。

研究Keywordsの例: 進化的学習、対話型遺伝的アルゴリズム Interactive Genetic Algorithm、遺伝子制御ネットワーク GRN(Gene Regulatory Network)、ヒューマノイドロボット Humanoid Robot、深層学習 Deep Learning、機械学習 Machine Learning、LSTM(Long Short Term Memory)、CNN(Convolutional Neural Networks)、GPGPU(General-Purpose computing on GPU)、ゲノム情報処理 Genome Informaticsなど

詳しくは研究内容や、そのデモプログラムを置いているソフトウェアのページをどうぞ。

【学内】電気系3年生の卒論配属について

関連研究室: 長谷川研究室の詳細はこちら

伊庭研究室近況