伊庭研究室

研究内容 / Researches

人工生命

人工生命は「生物のような行動」を研究することを目的とし、分析的な方法に代わって合成的な研究手法を用いて生命現象を探求します。生命の行動を創造するメカニズムの発見は、次のような意義を持ちます。

  1. (科学的目的)既存の生命のより深い理解、特に生命にとって基本的な属性の理解
  2. (工学的目的)一般的な適応能力を持った人工物の生成

こうした目的に従って、生命のような複雑な現象をコンピュータでモデル化することを目指しています。このようなモデル化ができると、生物の振る舞いが的確に予測/制御でき、またそれを利用することもできます。例えば、動物の捕食行動の最適化数理モデルを応用して虫型探索システム BUGS を構築しています。 BUGSは遺伝的アルゴリズムを拡張した新しい探索手法であり、最適化すべき関数値と虫の餌となるバクテリアの濃度というアナロジーを用いて適応的な探索を実現します。

図解