伊庭研究室

研究内容 / Researches

進化型ロボット

進化型ロボットは、進化のプロセスを通じて自律ロボットを生成させる手法で ある。つまりロボットの制御システムを遺伝子型として表現し、GAやGPの探索 方法によって適切なロボットの行動を学習しようというものである。 進化型ロボットはさまざまな分野(AI、ロボティックス、生物学、社会行動学など)の研究者から注目を集めている。

二体の小型二足歩行ロボットの協調動作による運搬作業
中型ヒューマノイドロボット(身長130cm)によるプレゼンテーションシステム

さらに進化型ロボットは、他のAIのアプローチとの特徴を多く共有している。それらは、 などである。

「進化型ロボット」に関連する卒論テーマの例

(過去に実施したものなので、卒論配属されてもこれと同じテーマを扱うわけではない。)