伊庭研究室

研究内容 / Researches

EHW

進化論的手法を用いてハードウェア回路を自動合成する手法を Evolvable Hardware (EHW) と呼びます。 EHWの基本的なアイディアは、プログラム論理素子(ソフトウェアの書き換えで内容が可変な素子)を用いてハードウェア構成を適応的に変化させていこうというものです。

従来のハードウェアは設計後の変更ができないため動的な環境にはうまく適応できません。しかしながら、設計者が予期しない新たな環境にも適応できる点がEHWの大きな特長です。我々は、遺伝的アルゴリズムや遺伝的プログラミングを用いた EHWの理論と応用の研究を行なっています。

進化するハードウェアのイメージ

進化で得られたアナログ回路

得られた回路の波形応答