伊庭研究室

書籍サポート / Support

複雑系のシミュレーション

Cellular Automatonの解説

Swarmを用いて1次元2状態3近傍のセルオートマトンの実験を行うことができます。概観は以下のとおりです。 Cellular Automaton

Cellular Automatonの操作方法

シミュレーションを開始します.

シミュレーションを一時停止します.

シミュレーションを一時刻進めます.

このシミュレーションでは使いません.

シミュレーションを停止します.

  1. displayFrequency: 画面更新周期
  2. worldSizeX: 空間の広さ(横方向)
  3. worldSizeY: 空間の広さ(縦方向)
  4. Rule: スティーブン・ウルフラムによる1次元CAの遷移規則の番号.000から111までの二進数を十進数に直して入力する.
  5. applyRule: Ruleを適用する
  6. randomize: セル状態をランダムに初期化する